めざせ!標準体型
モデル体型なんて贅沢は言いませんので…

紫外光線の量とサンタンの関係性について

Standard

紫外線にあるa波は、窓ガラスを通ってしまう特質性を持つ為に、部屋の中に居るときにでも日に焼けるケースがあるのです。紫外線には、a波・B波があります。B波は雨の日など天候で遮断されますが、そうだとしても空に降り注ぐ紫外線の1つであるんです。

1年の内に、紫外線の量が一番多くなっているのは5月から9月であると言われます。5月の太陽光線はまだまだ真夏のような強さがないので、まだ紫外線の対処はいらないと思うかたも少なくないようなんです。徐々に服が多くなり、袖の丈や、ズボンの丈が短くなってきますので、これこそ紫外線ケアが必要になるのです。

汗をかくということも、真夏の紫外線の対策で意識したい所なんです。日焼け止めクリームは汗で溶ける事がありますので、しょちゅう直して、日焼け止めクリームの効能をキープすると良いでしょう。

紫外線を遮断する作用がどのくらいあるか、日焼け止めにより変わる為、SPF値などをみて、自分に丁度良いものを探していきましょう。SPF値の高めの日焼け止めを1回にたくさん使用するより、数が小さい日焼け止めクリームを何回もつけるほうが日焼け止めのクリームの効能が高いといわれています。

日焼け止めを塗る時には、肩や、鼻、おでこのような、紫外線をうけている部分は、何回もつけ直して下さいね。

午前10:00から、午後2時までが、紫外線がすごい大量というのを踏まえ行動をしましょう。紫外線の強くなる時期じゃなく、一年を通じて、紫外線の対策をおこなう事が皮膚のためです。

10月 31, 2016 美容 mob3
Font Size
Decrease Size Default Size Increase Size
Select Skin
Select Underlay Background
Select Overlay Background
Scheme Switcher Toggle